リサイクルの文化

日本では不用品回収という文化が昔からありました。必要のなくなった物を集めて回り、そこから有益なものを取りだすという生業が今も昔も存在していたのです。現代においてはリサイクルという呼び名で様々なサービスが展開されていますが、この様な不用品回収は現代においても盛んに行われています。 かつてと少し違うのは分別が徹底されるようになってきたことと、リサイクルを義務付ける法律とリサイクル料と呼ばれる負担金が求められるという状況に変わってきたという変化が挙げられます。この様な仕組みが出来たことにより無料で処分できるという意味での不用品回収には制限がかかり、リサイクル目的の品種を限定したリサイクルが盛んに行われるようになってきました。

不用品回収は昔から行われている活動ですが、近年の動向としては不用品回収業者に出してはいけないとされる品目がいくつか設定される様になってきました。それは一般的には家電であり、テレビやエアコン、冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機や乾燥機などが該当します。新規で購入した場合には家電量販店に引き取ってもらうことも出来るので便利です。 これらの家電に関しては適切にリサイクルされるために法律を守って処分することが求められており、正式なルート以外で回収された家電類は不法投棄されたり海外に輸出されて環境汚染の原因となっていることもあると言われています。そのため違法な処分に回されることのない様に適切なルートでの処分を徹底することが出来るようにしていくことが求められています。